クラウドPBXのメリットとデメリット

クラウドPBXのメリットとデメリットを解説

クラウドPBXのメリットとは?

クラウドPBXを導入するメリットは、たくさんあります。

1つ目のメリットは、ビジネスフォンを設置する必要がなく、コスト削減ができるという点です。通常の場合、オフィスにビジネスフォンを設置するとなると、業者に設置や設定を依頼しなければいけません。数十万円レベルの費用がかかることも珍しくないでしょう。しかも、事業拡大に伴ってビジネスフォンの追加設定となれば、更に費用がかかります。またオフィスを移転すれば、移設工事の費用も掛かってしまいます。
しかし、クラウドPBXなら、基本的にはネット環境があればパソコンやスマホ、その他IP電話などにもフレキシブルに接続ができます。それに、業者に導入や設定を依頼する必要がありません。事業拡大で必要な接続数が増えても、簡単に設定することができます。事業や社員のニーズに合わせて低コストで環境整備ができる点は、大きなメリットと言えるでしょう。
また、通話料に関しても、コスト削減が実現できます。従来の固定電話や光電話、IP電話と比較しても、クラウドPBXはリーズナブルな通話料金で利用できます。特に国際電話の場合には、通話料金のリーズナブルさは大きなメリットと言えます。

2つ目のメリットは、社外からでも会社の代表電話として発着信できるという点です。社員が自宅でリモートワークをしていたり、外出先から取引先へ電話をかける場合でも、クラウドPBXを利用すれば、会社の電話番号として発着信ができます。社員の自宅の番号や携帯番号が、相手の着信に表示される心配がありません。働き方の多様化によって、今後は多くの企業で社員のリモートワークやフレキシブル労働時間制度などを導入することが予想されています。そんな場合でも、クラウドPBXがあれば、社員がどこで働いているかに限らず、全て会社の代表電話番号という統一性を持たせられます。
相手側へ表示される電話番号を統一することは、ビジネス面で大きなメリットがあります。それは、BtoBの場合でも、BtoCの場合でも、相手にとってはどこからの連絡なのかが分かりやすいという点です。折り返し電話をかけてもらう場合でも、会社代表の電話番号として連絡できる場合には便利ですし、相手がかかってきた電話に対して応答するかどうかを決める際にも、会社代表の電話番号ならつながりやすさという点でメリットがあります。

クラウドPBXのメリット

3つ目のメリットは、従来の電話番号を維持した状態でクラウドPBXに移行できるという点です。ただし、従来の固定電話サービスをどの業者が発番したかによって、移行できるかどうかは異なります。もしも発番したのがKDDIやソフトバンク、そしてCATV系の業者の場合には、残念ながらクラウドPBXへの移行では、異なる電話番号を発行してもらうことになります。しかし、NTT系のサービスを使用していた場合には、従来の固定電話でもNTT光電話でも、電話番号をそのままクラウドPBXへ移行できます。またクラウドPBXの番号は、オフィスを移転しても変わらずに継続できます。また端末においても、社員が普段使っているプライベートな携帯を、そのまま会社用の電話として利用できるという点も非常に便利です。ビジネス用に別のスマホを購入する必要がなくなり、企業にとってはコスト削減というメリットがあります。また社員にとっても、複数台のスマホを携帯する必要がなくなり、使いやすくなるでしょう。

4つ目のメリットは、クラウド上でFAX管理ができるという点です。届いたFAXを全て印刷する必要がなく、Eメールとして管理できます。何を印刷するかどうかを取捨選択できますし、紙のコスト削減にもつながるでしょう。

このように、クラウドPBXには様々なメリットがあります。

クラウドPBXにデメリットはある?

クラウドPBXを導入する際には、デメリットについても理解しておきたいものです。
知っておきたい1つ目のデメリットは、通話における音声の質は、ネット環境に影響を受けるという点です。光ファイバーのような安定したネット環境では、通話の際の音質で不満を感じることは少ないでしょう。しかし社外からのネット接続の場合には、必ずしも高品質な接続環境を得られるわけではありません。接続環境が低下することによって、クラウドPBXの音質も低下してしまいます。
2つ目のデメリットは、サービス利用料金がかかるという点です。さまざまな点でコストを削減できるため、クラウドPBX導入によって得られる費用対効果は大きいというメリットはあります。しかし、毎月いくらというサービス料金がかかり、これは利用の有無に関係なく発生します。この点は、クラウドPBXが持つ数少ないデメリットの一つでと言えるでしょう。

クラウドPBXは、メリットが圧倒的に大きいサービス!積極的に導入検討を

クラウドPBXを導入することによって、コスト削減や繋がりやすさ、働き方の多様化という点においてたくさんのメリットが期待できます。しかし、ネット接続環境の状態によって音質が影響されるというデメリットがある点は、理解しておいたほうが良いでしょう。しかし、それを考慮しても導入するメリットが勝ちます。是非これを機にクラウドPBXの導入を検討してみてはいかがでしょうか?


関連記事


クラウドPBXおすすめランキング